ポルシェ

| トラックバック(0)
こんにちわ。
なんか、毎日だるいですね。
本当にだるいです。

いや、マジでだるいですね。
つかれています。

そんな疲れている朝。
テレビをみていると、ポルシェの記事がありました。
いや、テレビじゃなかった。
ネットのニュースですね。
これをみてたら、ありました。
ポルシェに関するニュースが。

ポルシェっていいですよね。
まさに走る為に作られたクルマって感じです。
本当にかっこいいですよね。
最高にかっこいいです。
実にすばらしいですね。

まぁ値段もすごく高いですけどね。
でも、ポルシェって所謂スーパーカーとかと違うんですよね。
面白いものですよね。

やっぱりね。
あれとは違うんですよね。
フェラーリとか、ランボルギーニとかとは違うんですよね。
ポルシェは。

あちらはスーパーカー
こちらはスポーツカー
って感じです。

だから値段も違うもんね。
ワタシはどちらかというと、ポルシェの方がすきですねぇ。
やっぱりかっこいいもんね。

ポケモン

| トラックバック(0)
なんだろう。
ポケモンのアニメ。
なんだろう。

なんか、新しいポケモンのアニメ。
新しいっていっても、まぁだいぶまえからいまのバージョンやっているけど、
なんだろう。

こう、ギャグアニメになっていますね。

今回のアニメ
なんか、こう、、
うん

これ、大丈夫なのか
っていうレベルでしたね。

もうね。
同じシチュエーションの繰り返し。
たぶん、アニメーターは楽ができたと思います。

まぁでも、それでいいのかもしれませんね。
アニメーターって給料が激安みたいだし。
今回の回はらくだったでしょうね。
そういうのもあっていいと思います。
本当につらいですね。
マジで。

やばすぎますね。
っていうか、本当にいまのバージョンのポケモンアニメってなんだろうね。
いや、マジで。

おもしろいのは、おもしろいけど、
なんか、違うっていう感じがぷんぷんと漂っています。
ぷんぷん

前回の、もう名前忘れたけど
あのバージョンは神作画で実にすばらしかったんですけどねぇ。
まぁいいや。
今回のはギャグアニメってことでいいです。

そんなもんですよね。

毎日

| トラックバック(0)
こんにちわ
皆さんお元気ですか?
ワタシはまぁまぁ元気です。

元気だけど、毎日ねむいですね。
もう、本当に眠いです。

夜寝るのが遅いわけじゃないんですけどね。
それでも、毎日起きるのがつらいです。
かなりつらい。
もう、ふわあああって感じです。

ふわああああ

はぁ。
あれですね。
春眠暁を覚えずってやつです。
そんな感じです。
マジで眠いです。

この文章を書いているいまもねむいもの。
ふわーーー

あ、テレビみてたら老人がデイハウスでいろいろとやっている
っていう話をやっていました。

で、はじめてしったんですけど。
よく、高齢のおばあちゃんとかが押して歩いている小さな車輪付きのクルマ?
なんていうのかな。
ほら、いろいろな道具とか、荷物とかを一緒にしまうことができる。
そういう道具があるでしょ。

あれって、シルバーカーっていうんですって。
知らなかったですね。

毎日いろいろとあるけど、テレビとかも知らないもんを知ることができて、
良いものですね。

まぁ眠いけどねw

肩がいたい

| トラックバック(0)
ううう
いたい
あちらこたいら
それがいたいです。
あちらこちらがいたい
いたいです。

遺体のはなぜか。
いや、痛いのはなぜか。
それは生きているからですね。
死んだら痛みないもの
って、そんな究極論をいってもしかたないですね。
本当にしかたない。

でも、いたいものはいたいんだもの。
こまりものですね。
うん。

因みにワタシはあちらこちらが痛いんですけど、
もうとにかく痛いです。
あちらこちらがです。

まずいたかったのが、左ひざ。
その次に、そこをかばっていたら、
右ひざと腰がいたくなりました。
で、それをかばっていたら、今度は左肩がいたくなってきました。

まぁ、膝や腰がいたいのはわかるけど、
肩がいたくなるのって、意味不明です。
でも、いたいものはいたい。
本当に困りものですね。
はぁ・・・

ぱんぱん

| トラックバック(0)
こえええ
ぱんぱんぱんだって。

銃撃ですよ。
マジでこわいね。

暴力団なんですかね?
なんか、今日のニュースでどっかでありましたよ。
働いている会社に押し入って、
そして働いている従業員2人に向かって発砲。

ぱんぱんだってさ。
マジでこわすぎる。

そして、ぱんぱんぱん。

一人死亡。一人重傷だそうです。
おそろしい。
マジで。

そして、逃亡した犯人の男は、
そのあと警察にみつかったんですけど、
自動車の中で死亡していることが判明したそうです。

自分がつかった銃で、アタマをうって自殺したみたいですね。
しっかし、なんなんですかね。
こわすぎですね。

銃で自分を撃って死亡とか。
その前に、襲撃とか。

暴力団なんでしょうか?
わかりませんが、銃による犯罪って簡単に人がしぬからね。
日本では、それほどないから本当に怖いよね。

寒い

| トラックバック(0)
こんにちわ。
寒い
マジでさむい。

本当にさむい。

いや、本当に滅茶苦茶さむいですね。
マジでさむすぎます。
本当にさむい。

あまりにも寒いから、もうエアコンの温度設定を上げてあります。
普段から、2度くらい上げてあります。
それくらいで、普通の気温です。

いや、マジで本当に寒いです。
ほんと。

普段雪なんてふらないけど、普通にふっているし。
さらに気温もものすごく低いですからね。
低過ぎます。
マジで低すぎます。

北国の人からみたら、笑われるような気温ですけど、
それでもひどすぎる低すぎる気温です。
だから、窓ガラスとか凍りつきますもんね。
いやはや、本当にさむいです。
がくのブルですね。
がくのぶる。

でも、まだまだ寒いヒビは続きます。
なんか、いつもよりも寒いけど、これも地球温暖化の影響だそうです。
温暖化すると、気象が極端になるんですよね。
きっと、それはこれからもずっと続いていくんでしょうねぇ。

ロボット

| トラックバック(0)
すごい
ロボットマジですごい。
本当にすごいです。

すごすぎます。

なんか、この間テレビでロボットの話をしていました。
本当にすごいんです。
何がすごいかっていうと、
あ、ちなみに普通のロボットです。
人間型のロボットですよ。
それです。

工業用のロボットは、もちろんすごいですけど、
ああいうのは、その場所だけで活躍するもので、
一般的に見ることはありませんね。

そのテレビでは、人型ロボットがサッカーをしていたんですけど、
凄いんです。ロボット同士が、データ通信でコミュニケーションを行っています。

だから、お互いの場所やら何やらをやり取りして、
そして試合に勝つために、一番適当と思われる。
そういう動作を行うようになっているんですね。

勿論今の時代のロボットですから、
そんなに機敏に動けることはありませんが、
もし、人型ロボットがどんどんと技術があがっていったら、
そのうち、ロボットと人間がサッカーをして、
最期には全然かてなくなる。

そういう時代がくるのかもしれませんね。

すでにAIの世界ではき始めていますからね。

冬タイヤを履け!

| トラックバック(0)
こんにちわ。
冬ですね。冬。
冬といえば、冬タイヤ。
つまりスタッドレスタイヤを履くっていうのは、常識です。

で、この常識。
守らない奴等がいるんですよねぇ。
それも大量に。

勿論、雪国なら、冬になったら当然ですけど、
スタッドレスタイヤを履きます。
これは当たり前のことです。

そうじゃないと、自動車が走らないから。
移動できませんからね。

でも、それ以外のところ。
雪国じゃないところの奴等が、
スタッドレス履かないで夏タイヤのままで走りまくって
そして雪がふったら、大渋滞をつくりやがるんですよね。

いい加減にしてくれって感じですわ。
マジで。

年末年始で長距離移動するなら、スタッドレス履け!
って思います。

そうじゃないと、邪魔なんですよ。
マジで邪魔。
いい加減にしろっていう感じです。
マジで。


自動車を使わないなら、いらないだろうけど、
長距離移動するなら、履いておけ。
それが、ドライバーとして最低限の常識ですね。
本当に。

できないなら、もうクルマ乗るな。
って思います。

この場合は、3パターンの中で最も規模の大きな商社であり、資金力も豊富で、スケールの大きなビジネスを展開しているケースが多いといえます。例えば事業に先行投資を行い、そこへ傘下メーカーの製品を納品させる事などもあり得ます。

魅力的な要素が多い事は事実ですし、入社までのハードルは3パターンの中で最も高いといえますが、実際の業務自体は、小さな事の積み重ねであり、後工程に如何に上手にボールを回すかという点はどこの企業でも変わらないものです。また組織が大きいという事は内向き(いわゆる社内向け)の説明資料、稟議書、等々の仕事のボリュームが増える為、例えば同じビジネスをやっているにも関わらず、仕事量は倍以上というケースも極端な例ですがあり得ますので、激務が嫌だという方は、まず避けた方が無難でしょう。給与が高い事や、社会的に知名度がある等の魅力的だと思われる部分もありますが、実際に入ってみると、自分がこういった大きなビジネスに少しでも寄与しているという事にダイナミズムを感じられる方でないと、継続するのは難しいかもしれません。

また取引先や社内等、関わる人間が、例えば高学歴で、一流企業の中でも出世コースにいる人であったり、時には官僚、政治家とも付き合う場合があり、一見魅力的に思えるかもしれませんが、実際は商社としては精神労働を行う立場ですので、一段と神経を使う仕事を強いられる事になります。

  しかしながら、このような(どちらかというと)負の部分やはり商社の力というのは、人、モノ、金と言われる様に、このパターンの機械商社は、いずれも高レベルにあるといって良いでしょう。従って、他2パターンではできない経験をする事や、給与、待遇面等でも、魅力的な要素は多い事から、求人があれば是非チャレンジすると良いでしょう。その他の商社の転職はここを見ましょう。

 

仕事

| トラックバック(0)
仕事
生きていくためには必要なものですね。

で、この格差社会。
どんどの格差が広がっていっています。

これ、どこからスタートしているかっていうと、
やっぱり、バブル崩壊の後からなんですよね。

あのバブル崩壊時の就職ができなかった時代。
その時代にうまいこと流れに乗れなかった人たち
それがいまは40代となっています。

当然社会の中核となる世代ですが、
ここに穴がアインテイルんですよね。

今の若者は、就職氷河期とかいわれて、
社会が蝶よ花よと支援していますが、
その当時はそういうのがありませんでした。

なので、就職できない。
ろくな仕事がない。
そういうのが大量にいるわけです。

当然結婚もできず、子供もできない。
そういうのもたくさんいるんですよね。
つまり、その当時自己責任だなどといって、
切り捨てた結果、あとでかえってきたわけです。
ま、大変ですねぇ。
本当に大変ですよ。
こういう穴をつくるような政策をとるから、
国時代がこまる。

為政者はそれをしっかりと考えておかないとね。
だめになるんですよ。国が。